おうみアクアリウム

mitaaqua.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 11日

ブランチウッドと構図

f0237018_1203375.jpg




写真はADAから発売されている流木・ブランチウッド。
枝振りのよい細い枝がたくさんあるのが特徴。
今回、この流木を使って60cm水槽を立ち上げようと思います。

まずは構図作りから。
このブランチウッド、質感・枝の太さにばらつきが少なく、
構図素材としては初心者にも使いやすそうです。
石や他の流木(オールドブラックウッドなど)の構図素材の場合、
質感の同じものをそろえ、そこから組み合わせ構図を考えます。
ところが、実際には質感、組み合わせが制約になって、
何本、何個ある構図素材の中から使えるのはわずか。
それに引き換え、ブランチウッドはその制約からほとんど解放されます。
実際自分の手元にあるブランチウッドはわずか5本ですが、
このうち4本で下の写真のような構図ができました。
しかもほとんど置くだけ。
これだけでそこそこの構図が作れちゃうブランチウッド。
石や他の流木を使ったレイアウトではこうはいきません。
すごく手軽です。

今回は気負わず、なんとなくできた構図でなんとなく水草レイアウトができればなと…。



f0237018_121890.jpg

[PR]

by mi-_-ta | 2010-05-11 02:17


<< 植物の全能性      飛騨の1本桜 >>