おうみアクアリウム

mitaaqua.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 09日

水草レイアウトの楽しみ


水草レイアウトの楽しみとして挙げられることの1つに、
あれよこれよと自分で考えて試してみること、
そして自分なりのやり方を見つける喜びがあると思います。
他人のやり方が自分にも当てはまるとは限らず、
雑誌・インターネットに掲載されていることがいつも正しいとは限らず、
失敗失敗失敗…たまに成功。
本格的に水草レイアウトに熱を上げてからもう9年目?になりますが、
最近はいささかこの作業(失敗の連続)が苦行に思えることがありますw
やめませんけどね、この趣味^^

一体なんの話かといいますと、
自分にはジンクスがありまして、
有茎草を使わないレイアウトをすると、必ず水槽がコケまみれになるというものです。
要は、有茎草の強力な浄化能力・窒素の吸収、
あるいはアレロパシー?(他の植物の成長を抑える物質)の助けがないとたちまちコケに襲われるんです。
最近は撮影までこぎつけたとしても、その過程が半端なく苦労の連続ですw
水草育てるの未だに下手なんですねー。

けれど、有茎草で茂みを作っただけのレイアウトはもはや飽きているので、
自分の頭に理想としてある水景を、目の前の水槽に具体化したい!
その思いで今回は有茎草をほとんど使わずに新しいレイアウトに挑戦です。
まぁ、色々書きましたが軽い気持ちでやります。
真面目にやりすぎると失敗したときに凹むので!w



f0237018_22501142.jpg




ガラス面が汚いのはご勘弁くださいw
まずは構図。
ブランチウッド3本を深く考えずにおいてみました。
結構それなりに見えます。
この段階では凸構図のつもりでしたが、あとで三角構図になります…w

今回のレイアウトでやりたいこと。
・山や海をモチーフにするのではなく、魚が鳥じゃなくてちゃんと魚に見えるレイアウト。
・流れを感じる、涼しげなイメージ。
・シペルス・ヘルフェリーとアヌビアス・ナナ(ミニ)が印象的なレイアウトにしたい。
特に3点目が重要、というか一番やりたいこと。
使う水草の種類が多いと散漫なイメージになりやすいので気を付けないと!



f0237018_22493155.jpg




ということで、上の写真が2箇月後の様子です。
実は結構前に立ち上げてました^^
最初は頻繁な水換えに加え、照明時間を1日4~6時間くらいで管理。
おかげで立ち上がりはスローでしたが、コケはガラス面に付くくらいです。
照明時間の管理がよかったのかここまでは順調。
もう少し水草の生長に勢いがつくといいんですが…。
またブログの方でも報告できればと思います。

あと、水槽の様子を動画に撮ることもやってみたいなー。
これはいつになるかわかりませんが。
[PR]

by mi-_-ta | 2012-04-09 00:17


<< 琵琶湖疏水      さかなと遊べるパラダイス! >>