2010年 04月 27日

不自然なまでに美しい

飛騨地方でもやっと桜が満開です。
写真はソメイヨシノ。

f0237018_23264995.jpg




ここ数年、なんとなーくソメイヨシノに違和感を感じていました。
どれもこれもきれいで優等生ばかり。
ソメイヨシノの間に個性がない。
わびさびに表される日本文化にありながら豪華絢爛すぎる…。
などなど。

しかし、そんな疑問もたまたま見かけたとあるテレビ番組で解決しました。
なんと!ソメイヨシノは元々は1本の木で、現在全国で咲き誇っているソメイヨシノは接木によって増やされたものだそうです。
つまり、すべてがクローンの桜だったんです。
元来、ソメイヨシノは江戸時代末、植木職人がエドヒガンとオオシマザクラを掛け合わせたもので、
そのうちたまたま見事に咲いた1本なんだそうです。
しかし、その桜の子孫も同じように花をつけるとは限らず、
そもそも桜には自分自身の株由来の花粉では受粉しない性質を持っているため、
純粋なソメイヨシノの種子をとることは不可。
よって接木によって増やされることになったそうです。
その後、日露戦争の戦勝記念として、また第二次大戦後の荒廃した土地にこぞって植えられることで全国に広がったとのこと。

参照:ウィキペディア=ソメイヨシノ



しかし、納得する反面、ソメイヨシノへの興味が薄れていく…。
なーんだクローンか。
どれも一緒か。
ソメイヨシノの起源が江戸末期なら西行法師や松尾芭蕉が詠んだ桜はソメイヨシノじゃないのか…。
なので、全国の桜の8割がソメイヨシノという、残りの部分、2割の方を見に行くことに。

次回に続きます。
[PR]

# by mi-_-ta | 2010-04-27 00:41
2010年 04月 21日

奇祭、飛騨古川祭り

f0237018_05728.jpg




まるで外国。

飛騨をそんな風に思うことはしばしばありますが、
半裸で、しかも飲んだくれの男たちが町を歩くさまはなんとも異様です…。
[PR]

# by mi-_-ta | 2010-04-21 01:03
2010年 04月 15日

一個人の可能性

先日、岐阜大学で行われたNHKの公開収録に行ってきました。
番組の名前は「関口知宏のオンリーワン」。
今月、BS1で始まった新しい番組です。


f0237018_144819.jpg



なんとなーく生きにくさを感じるこのご時世、幸せが実感できない毎日。
もれなく自分も含めてですが・・・。
でもそんなことで悩むのって、僕らが自由になりすぎたからかもしれません。
要は、親の仕事を継ぐのが当たり前なら悩むことなんかないって話です。
今じゃどんな仕事に就くのかも自由だし、どこに暮らすのかも自由。
海外だってあり。
しかも、飛行機でぴょーんとひとっとび。
宗教だって国籍だって自由。

けど、一方で一個人の可能性はすごい広がってる。
地球の裏側の人に会うなんて100年前ではほとんど考えられなかったわけだし、
いまや情報だけならインターネットでサクっと手に入れることができちゃう。
グローバル化と情報化で間違いなく一個人の潜在的な可能性は広がってる・・・。

番組では、自分なりのやり方で地域コミュニティの再構築に取り組む若者が紹介されていくようです。
ということで、「自分もなにか生産的なことをしたい!誰かと繋がっていたい!」
という思いで、ブログを再スタートすることにしました。
世界中の人から飛騨の人まで、皆様よろしくお願いします。
[PR]

# by mi-_-ta | 2010-04-15 01:13
2010年 04月 12日

こんにちは

f0237018_0177100.jpg




「こんにちは。」
そんな声が聞こえそう。



ここは岐阜県、飛騨古川。
お越し太鼓と白壁土蔵の町です。
この土地の自然をさぐり、文化を掘り下げながら、
アクアリウム(水草レイアウト)をやっていこうと思います。
所謂、ネイチャーアクアリウム的に、です。

以前にも同じようなテーマでブログをやっていましたが、
それとどう差別化するかはこれからゆっくり考えます。
[PR]

# by mi-_-ta | 2010-04-12 00:19