2012年 07月 10日

世界水草レイアウトコンテスト、2次選考スタート


世界水草レイアウトコンテスト2012の1次選考を通過した作品、200作品がコンテストHPにて公開されています。
私も下の写真のレイアウトで応募してみましたが、選考からもれてしまいました…。
きれいなのはもちろん、やっぱりインパクトがないと上位は難しいみたいですね。



f0237018_2014421.jpg




しかし!今年のコンテストはこれで終わりません!
例年とは違い、コンテスト参加者もインターネット投票で2次選考に参加できるんです!
ADAからメールが来るまで忘れていましたが…^^

1時間半ほど画面とにらめっこ。
200作品の中から3作品を選び投票しました。
しかし、これはすごく主観的な投票になりますね…。
結果的にインパクトなんかより、ちゃんと魚が住む空間として見えるレイアウト、
ジオラマじゃなくて水草レイアウトに見える作品を選びました。
まぁ、自分ひとりで決まるわけじゃないからと気軽に選んじゃいましたが…。

その他気付いた点としては…。
レイアウトを見るだけで結構どなたのレイアウトかわかるもんですね。
ある程度想像はしていましたが…。
この辺りは投票者のモラルが問われますね。
あと、明らかに過去のADAのレイアウト・コンテストの作品を真似ている作品が多かった気がします。
この辺は去年公式で「真似してもOK!」という話がでたからでしょうか?



今回の新しい審査方法で多くの人が納得できるコンテストになればいいですね。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-07-10 23:44
2012年 06月 14日

天の川ほたる祭り


滋賀県米原市(旧山東町)で「天の川ほたる祭り」が開催されています。
ここで見ることができるのは、特別天然年記念物のゲンジボタル。
市の保護条例により、市の全域が保護地区に指定され、捕獲が禁止されています。
祭りの期間は、ボランティアガイドの申し込み、最寄り駅からのシャトルバスの利用が可能です。



f0237018_22273094.jpg




この日は雨上がりで、地元の方の話では「今日はあまり飛ばないかも」とのこと。
しかし、それでも夜8時頃になるとたくさんの蛍が夜空に舞い始めました。
条件がよければ、もっとたくさん飛んでいるのかもしれませんね。

ちなみに写真撮影の方はかなり手こずりました…。
とくに普段なれない長時間露光が…。
もっと準備をして行くべきでした。
写真全体が赤っぽくなってしまったのは、周りのちょうちんの明かりのせいかな??
また来年も挑戦してみたいですね!
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-06-14 22:30
2012年 06月 09日

これからの方向性~


梅雨到来。
昨日、近畿地方でも梅雨入りが発表されました。
いよいよこれから水槽の水温管理が難しい季節がやってきます…。
写真は自宅裏庭に咲いたアジサイ。
背景のたくさんある白く丸いぼかしはドクダミの花です。



f0237018_10465449.jpg




さてさて。
実は先日、キーボード(ノートPC)にコーヒーをこぼしてしまい、
一部キーが押せなくなりましたwwwww
ほとんどのキーは使えるものの、
厄介なのがNum LockキーがONになったまま解除ができなくなったこと。
Deleteキーなども死亡。
要はキーボード右側にカップを置いていたんですね…。
なので、今後しばらくブログの更新が止まるかもしれません。

あと、アクアリムについて。
非公開のレイアウトが原則の世界水草レイアウトコンテスト。
これに応募するため、水槽全体を写した写真をブログに載せることができません!
これは今に始まったことじゃありませんが…。
このことで、ブログがグダグダ、モチベーションが下がっています。
というか、やりたいことをやれていない感じがすごくする!
アクアリウムブログとして、
アクアリウム関連の記事が少ないことはすごく不本意です!

なので、今年は既にコンテストには応募しましたが、
来年以降、応募を取りやめ、ブログの内容を充実させていくかもしれません。
というか、水槽を動画にとって公開したい!
これが一番したい!
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-06-09 10:45
2012年 05月 31日

引き算の難しさ


琵琶湖畔に位置するびわこ大津館
そこに隣接する公園が「イングリッシュガーデン」と呼ばれ、公開されています。
現在はバラの見頃。
約100種類、2000株のバラが訪問者を迎えてくれます。



f0237018_22304876.jpg




訪ねたこの日は朝から日差しが強かったためか、花びらがしおれているものが多数…。
花をアップで撮ることに見切りをつけ、部分部分で気に入ったところを撮影。
バラが煉瓦や木の塀などにからみ、ぽんぽんと咲いているところをパシャ!
その日は時間もなくそのまま帰宅しました。



そして、数日後。
少し遅れて、自宅近くご近所さんたちの庭でバラが見頃を迎えました。
「え?これもバラだったの?」という感じで、いつもの見慣れた景色がバラだらけ。
うーん、確かにバラの花一つずつは綺麗なんですが…。
つるが塀を覆い、さらに道路へ向かって伸び放題というところも。
そこに咲いているバラは全部「ドヤ顔」に見える…w
自己主張しすぎ!w
まぁ、個人で楽しまれていることなので心の中で思うだけですが。



f0237018_22302014.jpg




でも、きっとバラを植えた家主の方は、
上の写真(イングリッシュガーデン)のようなバラを想像して植えたんではないかと。
では、どこがどうしてこうなるのか?
素人の見立てですが、多分剪定の違いではないかと…。
自分にもアクアリウムで似たような経験がありますが、
植えること(足し算)は簡単でも、間引いたり切ったりすること(引き算)って思い切りがいるんですよね…。
そして、その決断ができないまま思い描いていた仕上がりから違うものになる。
もったいないを振り切るのって難しいんだよ…。



そんなことを考えながら、先日見てきたイングリッシュガーデンの手入れの良さを改めて思うのでした…。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-05-31 23:36
2012年 05月 25日

ミシガンで琵琶湖クルーズ


f0237018_22194980.jpg



浜大津にある大津港から乗船できる観光船「ミシガン」に乗ってきました。
ミシガンは90分ほどで琵琶湖の南湖(琵琶湖大橋より南側)を1周します。
ちなみに、ミシガンの名前の由来は、
大津市がアメリカ・ミシガン州にあるランシング市と姉妹都市提携を結んでいるところから。

この日は天気もよく半袖でも暑いくらいでしたが、
いざ湖上に出ると風に煽られ、寒い寒い!
真夏に乗ると気持ちいいでしょうね。
ただ見える景色は単調…。
琵琶湖から陸を眺めるのは新鮮ではありますけど。
雰囲気を楽しむと思えばいいのかな…?



f0237018_22201248.jpg

[PR]

# by mi-_-ta | 2012-05-25 23:27