2012年 04月 15日

琵琶湖疏水


f0237018_23404068.jpg




琵琶湖の湖水が京都へと流れる琵琶湖疏水。
その琵琶湖側が三井寺(写真奥)とともに桜の見頃となっています。
よく観光パンフレットなどで見る風景ですが、記念に1枚っと…。

桜って見るぶんには綺麗ですけど、
風景写真として撮るのって難しいですね。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-04-15 23:52
2012年 04月 09日

水草レイアウトの楽しみ


水草レイアウトの楽しみとして挙げられることの1つに、
あれよこれよと自分で考えて試してみること、
そして自分なりのやり方を見つける喜びがあると思います。
他人のやり方が自分にも当てはまるとは限らず、
雑誌・インターネットに掲載されていることがいつも正しいとは限らず、
失敗失敗失敗…たまに成功。
本格的に水草レイアウトに熱を上げてからもう9年目?になりますが、
最近はいささかこの作業(失敗の連続)が苦行に思えることがありますw
やめませんけどね、この趣味^^

一体なんの話かといいますと、
自分にはジンクスがありまして、
有茎草を使わないレイアウトをすると、必ず水槽がコケまみれになるというものです。
要は、有茎草の強力な浄化能力・窒素の吸収、
あるいはアレロパシー?(他の植物の成長を抑える物質)の助けがないとたちまちコケに襲われるんです。
最近は撮影までこぎつけたとしても、その過程が半端なく苦労の連続ですw
水草育てるの未だに下手なんですねー。

けれど、有茎草で茂みを作っただけのレイアウトはもはや飽きているので、
自分の頭に理想としてある水景を、目の前の水槽に具体化したい!
その思いで今回は有茎草をほとんど使わずに新しいレイアウトに挑戦です。
まぁ、色々書きましたが軽い気持ちでやります。
真面目にやりすぎると失敗したときに凹むので!w



f0237018_22501142.jpg




ガラス面が汚いのはご勘弁くださいw
まずは構図。
ブランチウッド3本を深く考えずにおいてみました。
結構それなりに見えます。
この段階では凸構図のつもりでしたが、あとで三角構図になります…w

今回のレイアウトでやりたいこと。
・山や海をモチーフにするのではなく、魚が鳥じゃなくてちゃんと魚に見えるレイアウト。
・流れを感じる、涼しげなイメージ。
・シペルス・ヘルフェリーとアヌビアス・ナナ(ミニ)が印象的なレイアウトにしたい。
特に3点目が重要、というか一番やりたいこと。
使う水草の種類が多いと散漫なイメージになりやすいので気を付けないと!



f0237018_22493155.jpg




ということで、上の写真が2箇月後の様子です。
実は結構前に立ち上げてました^^
最初は頻繁な水換えに加え、照明時間を1日4~6時間くらいで管理。
おかげで立ち上がりはスローでしたが、コケはガラス面に付くくらいです。
照明時間の管理がよかったのかここまでは順調。
もう少し水草の生長に勢いがつくといいんですが…。
またブログの方でも報告できればと思います。

あと、水槽の様子を動画に撮ることもやってみたいなー。
これはいつになるかわかりませんが。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-04-09 00:17
2012年 03月 11日

さかなと遊べるパラダイス!


釣りがしたい!釣りがしたい!釣りがしたい!
小難しい釣りはいいので、とにかく魚を釣り上げたい!
そんな衝動にかられ、南郷水産センターへ行ってきました。
約20年ぶりになるのかな…。
懐かしくもあり、ちょっとドキドキ。



f0237018_14394778.jpg




南郷水産センターは滋賀県大津市街から約10km、地元の漁協が運営。
子ども目線で魚と直に触れ合える施設になっています。
たしか以前、朝日放送「探偵ナイトスクープ!」でパラダイスとして放送されていたはず…。
外観はちょっとレトロなコテージ風?
昭和の頃の雰囲気がよくでています。
きっと施設内も同様にゆるーい感じになっているはず!^^



f0237018_1441095.jpg




入ってすぐに迎えてくれたのは1m近くある巨体のソウギョ(草魚)たち!
餌がもらえると思ってわらわらと集まってくる!
なんかこわい!!!
金色の個体はソウギョのアルビノ(白化個体)のようです。
ソウギョの他にも観賞用にコイやキンギョ、チョウザメの池がありました。



f0237018_14412720.jpg




ほどなくして釣り場に到着。
上の写真はルアー、フライ用の池です。
意外に人が入ってますねー。
自分はルアーの用意を持ってこなかったので、
餌釣り用の池へ向かいました。
竿は100円でレンタル、釣った魚は全てお買い上げというシステム。
係りの人にもらった餌用のだんごがなくなったところで釣り終了です。



f0237018_14404230.jpg




結果、15分で30cmほどのニジマスが4匹釣れました。
さすが養殖、プリプリ太ってます!
餌釣り用の池は小さいわりに魚影が濃く(というか見える!)、
餌を入れる、魚が食べる、竿を上げるといういたって単純な作業。
ゲーム性はないけど、いえいえ、自分はこれで満足なんです!
4匹で合計1.1kg。
100gで150円なので、1650円でした。
炭火が用意されていたので、すぐに焼いて食べることもできるみたいです。
私はお持ち帰り~。



f0237018_14411777.jpg


f0237018_14432510.jpg


f0237018_14415832.jpg




魚を釣って、生ものを持ったままだったので、
遊具のエリアはほとんどスルーしちゃいました。
閑散としていましたが、探偵の桂小枝はこの辺で遊んでいたような…?

他にもフナ釣り、コイ釣り、夏には魚のつかみ取りなんかもできるみたいです。
また今度はルアーを持って行きたいですね!
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-03-11 16:10
2012年 02月 10日

街の灯と煙


大津市街地の夜景を一望できる場所を発見!
自宅から近かったので、サクサクっと撮ってきました。



f0237018_23431283.jpg




わかりずらいですが、左の大きなビルが大津プリンスホテル。
写真手前の明るい看板が見えるところが現代の東海道・国道一号線。
琵琶湖を挟んで向こうに見えるのが、栗東・草津辺りでしょうか。



いやあ~、こうやって見てみると、自分は都会へ来たもんです。
暗闇の中にありながら、街の灯がこんなにも心強いとは…!
煙と言えば、田舎ではあぜ道で枯れ草が焼かれている風景をよく目にしましたが、
写真に見えるのは工場、もしくは食べ物屋さん?の煙ですね。

街の灯と煙。
人は写ってないんだけど、人の気配がある感じ。
こういうの好きだな~。
例えば、人気の少ない古い木造駅舎とか…。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-02-10 00:08
2012年 01月 21日

「ALWAYS」なニッコールレンズ


f0237018_2325387.jpg




今日から公開される映画「ALWAYS 三丁目の夕日’64」にちなんでひとつ。
実家で、父親とカメラ談義に花を咲かせていたところ、
なにやら父親がゴソゴソ…。
持ち出してきたのが、写真の「ニッコール-Hオート50mmF2」。

このレンズ、雑誌「アサヒカメラ」のバックナンバー(2009年2月号)
に詳しく紹介されていて知ったのですが、1964年の発売だそうです。
レンズって半世紀くらいの時間は簡単に超えちゃうんですね。
価格は1万4500円也。
当時、父親の初任給が3万ほどだと言っていたので、なかなか高価な代物だったのでしょう。
カメラ本体と合わせてゲップで買ったと言っていました。


これだけ安価で高性能のカメラ、特にデジタルカメラが普及した今日。
カメラについて、自分を取り巻く環境は恵まれているのだなぁと思いました…。
[PR]

# by mi-_-ta | 2012-01-21 23:53